So-net無料ブログ作成
-| 2008年07月 |2008年08月 ブログトップ

敬愛してやまない石川信義先生


群馬県大田市三枚橋病院の理事長である石川信義先生に、私は多大な影響を受けました。

「開かれた病棟」「心病める人たち」は機会があったらぜひお読みいただきたい石川先生の著作物です。

私は3年半この病院と隣の授産施設で精神保健福祉士をやらせていただきました。両方とも先生が苦労して開設された施設です。

その頃、石川先生はすでに70歳を超えていらしたと思います。

外来は引退され、病棟や、デイケアを闊歩しておられました。Tシャツとジーパンでさっそうと背筋を伸ばし歩かれます。朝、デイケアにいらして、メンバーさん一人一人に握手して回られます。

このさりげない行為はできるようでなかなか出来るものではありません。その一瞬に、メンバーさんの状態を把握されます。メンバーさんも先生の力強い握手により今日一日を頑張ろうという気になります。大きな掛け声で一緒にラジオ体操もします。

あとはメンバーさんと将棋をしたり、囲碁をしたり、さりげなくその場にメンバーさんと同じ目線で過ごされます。これで、治療効果大なのです。

メンバーさんは安心し、安定して、1日を過ごされます。

私は長年演劇をやっていたのでデイケアのプログラムとして「演劇クラブ」を立ち上げることをスタッフ会議でお願いしました。

あっさりと承認され、「演劇クラブ」のスタートです。私がこれから何をやろうかと悩んでいたら、石川先生がガリ版刷りの古ーい台本を私に黙って手渡してくださいました。それは、何十年か前病棟のクリスマス会で石川先生や看護師さんたちによって演じられた「赤ひげ」の台本でした。

有難かったこと。これをもとに、私はメンバーさんたちと「赤ひげ」のけいこに励みました。時々のぞきに来られ、「おーやってるな」と声をかけてくださいます。

何カ月かけいこをして、お昼のデザートミーティングの時間に発表会をしました。メンバーさんも私も緊張して、ドキドキあたふたです。

石川先生は一番前列の席に陣取り、「おっいいぞ!」「赤ひげ声が小せいぞ!」立ち回りでは、「そうだそうだやっちまえ」と大きな声で声援を送り続けてくださいます。終わって大喝采を浴び、みんなで最後まで演じきれたことを喜んでいると、石川先生が演じたメンバーひとりひとりと力強い握手をしてくださいます。

私にも黙ってぎゅっと握手をくださいました。その手のぬくもり、言葉では何も言ってくださいませんが、よくやった!という先生の気持がビシバシと伝わってくる握手です。感動です。思わず私は嬉しくて泣きそうになってしまいました。

このように先生は、言葉は少ないけれど、握手と優しさで、いつも大きく包み込んでくださいます。

どのように、心病めるメンバーさんとかかわるか。先生は、自らの態度で示してくださいました。

本当に石川先生には感謝しています。あの頃のことを忘れずに、これからもクライアントさんとしっかりと向き合って接していけたらと思います。

石川先生のことはまだまだ書き足りません。第2弾、第3弾をお楽しみに。


よく見よう、よく聞こう、よく感じよう


私たちはややもすると見慣れたもの聞きなれたものだけで満足してしまいがちです。

いつもの時間割、いつもの通勤、いつもの街並み、いつもの満員電車。いつもの食事。

あーあ、またいつもの始まり。つまんない、味気ない。何とか今日一日過ぎれば良いや。ふー。

これじゃほんとにやんなっちゃいます。

でもちょっと、周りの風景をよく見てみましょう。

あっ、あんなところに朝顔のつるが伸びている。紫色の花が、朝露に濡れてゆれている。うれしいきもち。

よく聞けば、ハイヒールの音かたこと。おばあさんのくしゃみ。自転車屋さんのおじさんのシャッターを開ける音。赤ちゃんのはしゃぐ声。5時のチャイム。夕焼けこやけ。

よく感じましょ。そうすれば世界は広がります。退屈な日常からの脱出です。

一緒に感性を研ぎ澄ましましょう。世界の色合いが変わります。

電車の中は、良い観察の場所。化粧する女学生。ヘッドホンしてメールに夢中のお兄ちゃん。貧乏ゆすりのおじさん。

太ったおばさん、汗だく。いろんな人生が見えてきます。

悲しみもいら立ちも、あせりも絶望も、よく見えてきます。みんな生きるの大変なんだね。

だから、よく見て、とく聞いて、よく感じましょ。


プラス思考への転換

*プラス思考への転換ーー体が教えてくれたことーー

人生って突然の連続です。7月12日、突然、左目硝子体出血し、2時間で完全に目が見えなくなりました。続いて22日、眼科受診の帰り突然、階段を踏み外して左足かかと骨折です。はーお先真っ暗。出張のお仕事には行けなくなるし、6週間自宅軟禁状態の生活の始まりです。でも、娘や友達が駆け付けてくれて、とりあえず1週間分の食料を確保してくれました。友達や家族のありがたさをしみじみと感じます。心がウルウルしてきます。こういうとき、私ってなんて付いていないの。踏んだり蹴ったり。私にばっかりなんでこんな不幸なこと起こるの。とネガティブな気持ちになりがちです。でもわたしは、ちっともめげていません。これってきっと、体が教えてくれたんですねー。ひろ子ちゃんあなたは心が少し疲れているのよ。だからゆっくり休みましょって。ごろごろしてなさい。でれーっとしなさい。体が動かないからこそ出来ることいっぱいあるはずよ。猛暑の中外に出かける必要もなくなったじゃない。今まで読めなかった本を心いくまで読みましょう。と、ポジティブに考えれば、今の状況ってとってもラッキーです。人生ってちょっとした発想の転換で楽しくもなり、不幸にもなります。突然を楽しんじゃいましょう。ケセラセラ。なるようになるさ!


もうひとりじゃないよ!あなたに耳を傾けたい


生きるのって、生き延びるのって、本当に大変ですよね。頑張って、真面目に、一生懸命努力している人ほど、時に、ぽきんと心が折れてしまいます。あーくたびれた。少し休みたいよ。折れた心が悲鳴を上げているかもしれません。その人に自然治癒力があったり、愚痴をこぼせる友達や家族がいる場合はまだ良いけれど、そうでない場合は一人で抱え込まないで心の重荷を吐き出しましょう。あなたに寄り添って、静かにお話を聞きましょう。私のすることはそれだけです。そして、絶対批判しないから。絶対否定しないから。もしあなたが、つじつまの合わないことを話したり、怒りで人をののしったとしても、私はそんなあなたも受け入れます。だって、たぶんあなたは今、とても混乱しているんですものね。一緒に暗闇を旅しましょ。小さな明かりが見えてくるまで。あなたが小さな明かりに気づき、一人でその明りに向かって歩きだしたら私はバイバイ。でも、後ろから、一人で歩き始めたあなたを応援しています。見守っていますよ。カウンセリングのイメージ、わいたかしら。



-|2008年07月 |2008年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。